飾り線上

寒い金曜の午後はこっそりと

飾り線下
エクセルシオールでも個人経営の喫茶店でもいろんな場所で香り高いコーヒーを飲める。
もちろん、家でインスタントでも飲めるし、どこかで缶コーヒーでも。
私が一番好きなのは、スターバックスコーヒーだ。
どこ店でも禁煙と言うのは、喫煙の苦手な私にはポイントが高い。
なので、コーヒーの香りを堪能できる。
値段もそこそこだが、上質の豆が使われているのでコーヒーにうるさい人には最高だ。
甘いもの好きには入店の度にコーヒーと一緒に、ついついスイーツなどオーダーしてしまうという落とし穴もある。

気どりながら走る彼女と私
水滸伝の北方版の人間くさく凛々しい登場人物が、原作の水滸伝の108人になぞらえて、主要な作中人物が108人でてくるが、敵方、政府側の作中人物も人間くさいのがいて、血が通っていると思える。
キャラクターに現実の人の様な弱さがうかんでくるのもそして、心酔していた理由だ。
弱いなりに自分の夢とか未来の為に極力チャレンジしているのが読みとおしていて心ひかれる。
読みあさっていて楽しい。
しかれども、魅了される登場キャラクターが不幸な目にあったり、夢がなくなっていく様子も胸にひびくものがあるから魅力的な大衆小説だ。
飾り線上

勢いで自転車をこぐ彼と夕立

飾り線下
何故か今頃任天堂DSに虜にされている。
はじめは、英検対策に英語漬けや英語のゲームソフトを購入していたのみだった。
だけど、ヨドバシでソフトを選んでいたら英語関係以外もついつい見てしまい、いつも買ってしまう。
トモダチコレクションやマリオパーティー、どうぶつの森などなど。
変わったソフトで、旅の指さし会話帳もヒットしている。
これだけあれば、移動中などの退屈な空き時間には活躍しそうだ。

ゆったりと大声を出すあいつと観光地
山梨の甲府はフルーツ大国と言われているほど果物の生産が盛んだ。
日本でも珍しい海のない県で富士山などの山々に囲まれている。
ということから、漁業もできなければ、米の栽培もあまり盛んではない。
なので、現在の山梨県を統治していた殿様、柳沢吉がフルーツ栽培を推進したのだ。
他の県よりも有名な優れている何かが欲しかったんだと思う。
大きな盆地の、水はけのよさと、山国ならではの昼夜の温度の差は甘い果物を実らせる。
飾り線上

具合悪そうに体操する母さんとわたし

飾り線下
江國香織さんのストーリーに出てくる女性は、陰と陽を持ち合わせていると思う。
不倫を悪としない。
恋の一種ではあるが、心から大切に思っているのは別のたった一人。
このような主人公がよく登場するような気がしませんか。
不倫を陰だとしてみると、旦那さまは陽。
ふと、スイッチが入ったように陰が現れる。
不倫に対する良い悪いはシカトして、そのストーリーの女の人をしっかりみつめる。
自分の中に新しい恋愛に対する考え方や価値観が登場することもある。

控え目に跳ねる兄さんと壊れた自動販売機
人間の大半は水という発表もありますので、水分は一人の人間の基本です。
水分補給を怠ることなく、皆が元気で楽しい夏を満喫したいものです。
きらめく強い日差しの中から蝉の声が耳に入るとこの頃、普段そこまで外出しないという方でも外出したくなるかもしれません。
すると、女性だと日焼け対策についてマメな方が多いのではないでしょうか。
夏の肌のスキンケアは秋に出るといいますので、どうしても気になってしまう所ですね。
そして、すべての方が気にかけているのが水分補給につてです。
ましてや、普段から水の飲みすぎは、良いとは言えないもののこの時期はちょっと例外かもしれません。
なぜかというと、たくさん汗をかいて、知らず知らずの間に体から水分が抜けていくからです。
外出した時の自分の様態も関係あるかもしれません。
ともすると、自分自身が気付かない間に軽い脱水症状や熱中症におちいる可能性もあるでしょう
夏のときの水分補給は、次の瞬間の健康状態に出るといっても過言ではないかもしれないです。
ちょっと外に出る時も、小さなものでかまわないので、水筒があったらすごく便利です。
人間の大半は水という発表もありますので、水分は一人の人間の基本です。
水分補給を怠ることなく、皆が元気で楽しい夏を満喫したいものです。
飾り線上

ゆったりと熱弁する兄弟と冷たい肉まん

飾り線下
たばこは体調に百害あって一利なしだ。
と言ったことは、理解していても購入してしまうらしい。
以前、業務の関係で出会った建設会社の取締役のおじいさん。
「この体が病気一つしないのは煙草とアルコールの力です」と明るく言い切っていた。
これくらい言われると、無理な脱ニコチンはしなくてもいいのかもしれないと思う。

自信を持って自転車をこぐ兄さんと突風
少年は今日、小学校の給食係だった。
帽子とマスクを着け、白い割烹着を着て、他の給食係のみんなと、本日の給食を給食室へ取りにいった。
今日の主食は、ご飯じゃなくてパン。
バケツみたいにフタつきの大きな鍋に入ったシチューもあった。
少年は、最も重たい牛乳だけは、男が持つべきだろう、と考えていた。
クラス全員分だから38本ある。
なので自分が、バットに入った38本の牛乳を持ったのだけど、同じ給食当番のフーコちゃんが一緒に持ってくれた。
重たい牛乳を女子には運ばせたくなかったけれど、同じクラスでのアイドル・フーコちゃんと教室まで一緒に歩ける、と思ったので、少年は少しドギマギしながら、そのまま2人で牛乳を持つことにした。
飾り線上

陽気に熱弁する子供と夕焼け

飾り線下
時は金也は、的確な言葉で、ぼーっとしていると、実際にすぐに貴重な時間が無くなってしまう。
もっともっとさらりと作業も提出物も終了すれば、そのほかの仕事に必要な時間を回せるのに。
例えば、散歩したり、料理にはまったり、本を手に取ったり。
ということで、ここ最近、さらりとはじめようと気を張っているが、何週間続くのか。

雹が降った金曜の深夜はお酒を
夏はビールがめっちゃおいしいけれど、近頃そんなに飲まなくなった。
昔は、どんな量でも飲めたのに、年をとって翌朝にお酒が残るようになってそんなに飲まなくなった。
ビアガーデンにも社会人になった当時はものすごくあこがれ、行くのが非常に楽しみだったけれど、仕事のつきあいで嫌になるほど行って、俺の中では、今では、いいイメージがない。
しかし、取引会社との付き合いの関わりでたいそう久しぶりにビアガーデンに行った。
たいそう久々においしかったのだけれども、調子にのってものすごくお酒を飲みすぎて、やはり、翌日に残ってしまった。
次からは、飲みすぎないようにしようと思うけれど、飲み出したら、なかなかとまらない。

小さい飾り線上

サイト内メニュー

小さい飾り線下

サイト内メニュー


Copyright (C) 2015 料理人は明日に向かって走る All Rights Reserved.
レトロ飾り