飾り線上

息もつかさず走るあの人と紅葉の山

飾り線下
東京で昔から華やいでいる町が、浅草。
中でも由緒あるお寺が浅草寺。
そこそこここ最近、参拝に行ってきた。
久しく行く東京都浅草寺。
再度、自身でちゃんと直視し分かったことが、外国人の観光客が多いこと。
世界中から観光客が来る浅草は、以前よりどう見ても多くなっている。
それは世界で一番背の高い電波塔、スカイツリーが建った影響もあると考えられる。
アジア諸国からは、羽田空港ハブ化に伴って身近になったという事で、プラスして、ヨーロッパ諸国やアメリカからは、着物や和装小物に魅力を感じ来ている旅行客が多数かもしれない。
ともかく、この先もたくさんの外国人観光客が来るということを想像した。
この国の素晴らしさを見つけぜひ楽しんで心に残る思い出にしてほしい。
私はというと、仲見世通りをじゅうぶん散策することができた。
お土産として名物の人形焼と、雷おこしをたくさん買って、櫛やかんざしも観賞させてもらった。
宝蔵門を抜けると、立派なご本堂が見える。
この瓦屋根は雨に濡れてもさびにくいチタンを使用し、工事を行ったそう。
浅草寺で秘仏の観音様に旅の無事と平和を祈り手を合わせた
今年の頑張りが、この先どこかで実りますように。

気分良くダンスする彼女と失くしたストラップ
「嫌われ松の子一生」というタイトルのドラマが放送されていましたが、欠かさなかった方もいらっしゃったと思います。
わたしは、テレビ番組は見なかったけれど、女優の中谷美紀主演でシネマがクランクインされたときに、見に行きました。
考えます。
松子は容量の悪さゆえでもありますが、不幸な立場にて生活しながらも、自分は不幸だと思いません。
周りから見ると、不幸かもしれないけれど明るい未来を想像しています。
幸せになることに関して、貪欲なんです。
とても尊敬を感じました。
自分も幸せになりたいのに、そうなってしまうといけない事のように感じる。
なんていう、よくわからない状態だった当時の私は、見ている間、悩みなんか忘れていました。
それくらい、明るい映画なので、おすすめです。
キャストの、中谷さんは、音楽教師でも、風俗嬢でも、理容師でも、やっぱり綺麗でした。
飾り線上

悲しそうにダンスする兄さんと壊れた自動販売機

飾り線下
ある寒い日のこと、少年はママからおつかいをおねがいされ、白菜とねぎと豚肉を買いに行く途中だった。
少年は喜んだ。
今日はお鍋だ!やったぁ!…と。
だが、予想だにしない事がその後すぐ起きたのである。
なんと、ズボンのポケットにしまっておいたお使いのためのお金2千円が、無いのである!
少年はスーパーの支払い所に並んでいる時、大丈夫だよね、とポッケの中に手を突っ込んで確かめてみたのだ。
そして、その瞬間、お金がどこにも無いことに気づいたのだ。
怒る母親を想像しながら、少年はしょうがなく手ぶらで家へ向かうことにした。
今度から、お金はクツかくつ下に入れることにしよう。
少年は奥歯をかみ締めながら、そう心に決めた。

雨が上がった大安の朝は微笑んで
このごろは、海に釣りに出かけていない。
日々の仕事でものすごく過密スケジュール出かけられないのもあるけれど、とっても暑いので、行きにくいのもあることはある。
加えて、帰り道に近くの釣り場を観察していても魚をあげている雰囲気がないから、自分も行きたいとは残念ながら思えない。
非常に多く見えるくらいだったら行きたくなる。
飾り線上

雨が降る週末の夜は食事を

飾り線下
めっちゃ甘い食べ物が好みで、ケーキなどをつくります。
普通に手でしゃかしゃか混ぜて、焼いて作っていたけれど、このごろ、ホームベーカリーで焼いてみた、非常に楽でした。
娘にも食べさせるので、ニンジンをすって混ぜたり、バナナを混ぜたり、栄養が摂取できるように心がけている。
砂糖やバターが少量でもニンジンや野菜自体の甘味があるので、喜んで口にしてくれます。
最近は、スイーツ男子という言葉もテレビで言っているから普通だけども、若いころは、お菓子を自分で焼いているいるといったら不思議に思われることが多かったです。
近頃は、そういう男性が多いよねと言われたりします。

蒸し暑い木曜の深夜は昔を思い出す
雑誌を見ていたり、人ごみに行くと綺麗だな〜と思う人は多い。
顔立ちは、標準的な美しさとは言えなくても、愛嬌があったりオーラがあったり。
個人の雰囲気は、本人の今までの人生かもしれない。
とても重要だと思う。
最近惹かれるのはアーティストの西野カナさんだ。
コンサートに行って初めてインタビュー受けている姿を見た。
女性らしい!と見ずにいられない。
ベビーフェイスに、体格も程よい感じ、パステルカラーがとても似合う印象。
会話がほんわかしていて、方言もポイントがアップ。
CDは割と聞くけれど、これを見てからますますファンになった。
飾り線上

前のめりで走る彼女と観光地

飾り線下
このごろ、わが子が外で遊びたがらない。
暑くてきついからか、おもちゃが大変増えたからか。
わずか前までは、非常に公園に行きたがっていたのに、ここ最近は、ちょびっとでも出かけたがらない。
なんというか、父親だと、まったくもって困ることもないので、気にしてはいないがですが家内は少しは気にしている。
けれど、日差しが強い場所でいさせるのも熱中症が不安だ。

どしゃ降りの平日の昼はお酒を
息子の3歳の誕生日がもうすぐで、プレゼントをどういったものにしようかを迷っている。
妻と話して、体を使って遊ぶアスレチック系かためになるおもちゃか洋服などにするかを決めようとしている。
考えてばかりでなかなか決まらないので、実際に見て決めることにしたけど、がつんとくるものがなかった。
けど、こどもに見せてみたら、以外と簡単に決まった。
秘密基地というおもちゃに夢中だったから、それに決めた。
ただ、家が窮屈なので、小さめの折りたたみ可能なやつに決定した。
値段が、なかなかリーズナブルだったので、よかった。
飾り線上

湿気の多い土曜の朝は昔を懐かしむ

飾り線下
家の庭でハンモックに寝そべり、心地良いそよ風に身を任せていた、休日の午後の事。
頭上には美しい夕焼けが広がっていた。少年は、自分ちの猫が「ニャギャァッ!」という大きな声に驚き、ハンモックから下に落ちてしまった。
目を凝らして見てみると、我が家の猫はヘビに相対し、歯をむき出して唸りながら牽制していた。
蛇はそれほど大きくは無く、毒も持っていなさそうだったので、少年はほうきで追い返し、ネコを抱いて再びハンモックに寝そべった。少年は、猫の背中をなでてやりながらお腹の上で寝かしつけ、風になぶられる自分の前髪の感触を楽しんだ。

涼しい平日の日没はビールを
昨日は、一カ月ぶりに雨になった。
サビキ釣りの約束を父としていたのだけれど、雷までなっているので、さすがに危険で行けそうになかった。
気がついたら、雨が降っていなかったので、やはり行こうということになったのだが、釣りに行く準備をして、行ってみたら雨が降ってきた。
次の機会にと話して道具をなおした。
明後日からは雨じゃないらしい。
その時は、今度こそ行ってみよう。
またの機会に行ける日にと話して釣りざおなどを片づけた。
来週は晴れそうだ。
その時は、次こそ行こうと思う。

小さい飾り線上

サイト内メニュー

小さい飾り線下

サイト内メニュー


Copyright (C) 2015 料理人は明日に向かって走る All Rights Reserved.
レトロ飾り