アンチエイジング効果を上げるためにはどうすればいい?

アンチエイジング効果を上げるためには特別な使い方が必要?

現在40代後半でオールインワンゲルをはじめて使っています。あまりアンチエイジング効果がないみたいなのですが、特別な使い方ってあるのでしょうか。洗顔をしてからいつもオールインワンゲルだけしか使っていません。

オールインワンゲルの選び方はちょっと面倒ですよね。色々な成分が配合されているので、自分の目的に合ったものを見つけることが基本です。アンチエイジングとしてオールインワンゲルを使う場合は、気になるシワやシミなどには今までお使いの美容液などのスポットケアを併用されてはいかがでしょうか。

 

オールインワンゲルによっては配合成分の含有量が少ないタイプもありますので、満足できない場合は別の商品に変えることも検討してみましょう。

オールインワンゲルの効果的な使い方のコツ

オールインワンゲルを使ってもそれほど満足できなかったという経験がある方はたくさんいます。商品の質によっては使っても効果がないことがありますが、使い方を少し見直すだけでもさらに効果引き出すことが可能です。

 

朝と夜のどちらかで使う

オールインワンゲルを上手に使うためには特徴を生かす点が大切。そもそも時短のスキンケアが目的のため、朝の忙しいスキンケアにはぴったりです。そこで朝と夜のどちらかだけにオールインワンゲルを使う方法にトライしてみましょう。

 

例えば朝のメイク前にオールインワンゲルを使い、夜は今まで通りのスキンケアなど。化粧品は成分が肌に馴染むまで時間がかかる場合もありますので、年齢肌の場合は特に慎重に化粧品を変えることが大切です。時間をかけながらオールインワンゲルにシフトしてみましょう。

 

使うポイントごとに重ねつけ

シワやシミ、頬の乾燥など、顔には特に気になる部分ってありますよね。オールインワンゲルは肌全体に塗るスキンケアですが、アンチエイジング成分が配合されたものや、美容液、クリームとしての機能があるタイプは気になる部分に重ねつけしてみましょう。

 

例えば目じりのシワ予防にアイクリームとして多めにつける。目立つシミに重ねつけするなど、スポット美容液のように使うことも方法の一つです。重ねつけする時はいったん肌全体に塗った後時間をおいてからさらいつけると浸透しやすいですよ。

 

メイクの下地にする場合

オールインワンゲルは一つで何役もこなすため、使い方がとても大切。洗顔後にオールインワンゲルをつけたらすぐにファンデーション。とても簡単な点は魅力になりますが、年齢肌は潤い不足のためメイクが長時間キープできない悩みもあります。

 

そこでファンデーションをつける前のコツが、すぐに塗らないでゲルで肌を整えたら数分時間をおいて肌に馴染ませましょう。オールインワンゲルは水分や油成分が一緒に配合されていますので、肌の奥まで浸透しにくいタイプもあります。肌の表面がしっとり落ち着いてからメイクを始めましょう。

関連ページ

40代の乾燥肌に効果のある基礎化粧品を教えてください
年齢とともに肌が乾燥するのはとても多い症状の一つです。それは体で作られるコラーゲンなどの潤い成分が減少してしまうため。そこで40代過ぎてからは美容成分だけっでなく、細胞の働きを活性化する有効成分などを意識してみましょう。 ビタミンC誘導体などの浸透性が高い成分は年齢肌にとても効果がありますので、ぜひ参考にしてくださいね。
オールインワンゲルは肌のハリには効果がないの?
オールインワンゲルは浸透性が少ないタイプも多いですよね。肌のハリが出ないのはたぶん成分がまだ肌になじんでいないからではないでしょうか。ターンオーバーの周期に合わせて最低でも1か月は使ってみないと本当の効果がわかりません。
オールインワンゲルは化粧下地にも使えるの?化粧水は必要?
オールインワンゲルで私も下地までやっていますが、乾燥している時などは2回ほど重ねつけしてからファンデーションを塗ってます。保湿効果が高いオールインワンゲルならそれだけで十分に下地として使えますよ。どうしても気になるときは、ほかの化粧品とも併用できるオールインワンゲルを選んではいかがでしょうか。
使うメリットが知りたい!本当にこれだけで大丈夫?
オールインワンゲルといってもすべての商品が完璧に作られているワケではありません。もちろん不足する点もあり、一つで不安になるのは仕方がありません。でもオールインワンゲルには簡単なスキンケアができるだけでなく、肌の負担を減らしたり、化粧品代を節約するなどのメリットもあります。