オールインワンゲルとメイクとの関係は?

オールインワンゲルは化粧下地にも使えるの?化粧水は必要?

子育てで忙しい30代。面倒なのでオールインワンゲルに変えたのですが、メイクの下地もこれだけで本当に大丈夫ですか?化粧水を使ったほうがいいのでしょうか?

朝の忙しいときのメイクは本当に面倒ですよね。でも基礎化粧をしっかりしないと、メイクが長時間キープできないだけでなく、まだらにファンデーションがついてしまうこともあります。

 

オールインワンゲルで私も下地までやっていますが、乾燥している時などは2回ほど重ねつけしてからファンデーションを塗ってます。保湿効果が高いオールインワンゲルならそれだけで十分に下地として使えますよ。どうしても気になるときは、ほかの化粧品とも併用できるオールインワンゲルを選んではいかがでしょうか。

オールインワンゲルとメイクの関係について

オールインワンゲルは近年とても機能性が高くなり、色々な用途として使えるようになりました。美白やアンチエイジングだけでなくボディケアとしても使えるタイプも多いですよね。メイクをする前のオールインワンゲルですが、ちょっとしたコツをおさえてさらに活用しましょう。

 

季節によってプラスすること

洗顔後のスキンケアはオールインワンゲルだけできるのでとても簡単な点が人気になっています。今までのいくつものステップを省略できる為、忙しい女性には特に指示されています。

 

ではメイクの下地としては効果はどうなのでしょうか。オールインワンゲルはそれだけでは保湿が不足してしまう場合があります。特に乾燥する冬はメイクの下地にするにはたっぷりつけるか、化粧水を使うなどのサポートが必要になります。その時期の肌環境に合わせて肌の水分調整を行いましょう。

 

時間をおいてからメイクすると効果的

オールインワンゲルは使用感も色々。さらっとして使えるものとは逆に、肌につけるとべたつきが残り、カスのようなものが付くタイプもあります。そこでメイクののりをよくするためには、オールインワンゲルをつけた後にしっかり浸透するまで待つこと。

 

無理に風を送って肌を乾燥させるとせっかくの水分が逃げてしまうので自然乾燥がおすすめ。そして肌を手でおさえてしっとり感がでたらファンデーションをつけましょう。洗顔後にオールインワンゲルを肌につけたらそのまま待つことがメイクのコツですよ。

 

マッサージやパックとしても使うこと

メイクの下地は化粧水や下地クリームなど、色々なステップが本来ありますが、それは肌に負担を与えていることでもあります。一日中メイクをしていると皮脂のバランスが悪くなり、毛穴に汚れがたまる原因です。

 

そこでメイクのノリを改善させるためには、オールインワンゲルでマッサージやパックをするのがおすすめ。ただ肌につけるだけでなく、このような使い方がさらに肌の為にメリットになります。お風呂上りに肌につけたら数分間マッサージしましょう。ハリが回復されてオールインワンゲルだけでしっかり下地までカバーできますよ。

関連ページ

40代の乾燥肌に効果のある基礎化粧品を教えてください
年齢とともに肌が乾燥するのはとても多い症状の一つです。それは体で作られるコラーゲンなどの潤い成分が減少してしまうため。そこで40代過ぎてからは美容成分だけっでなく、細胞の働きを活性化する有効成分などを意識してみましょう。 ビタミンC誘導体などの浸透性が高い成分は年齢肌にとても効果がありますので、ぜひ参考にしてくださいね。
アンチエイジング効果を上げるためには特別な使い方が必要?
オールインワンゲルは色々な成分が配合されているので、自分の目的に合ったものを見つけることが基本です。アンチエイジングとしてオールインワンゲルを使う場合は、気になるシワやシミなどには今までお使いの美容液などのスポットケアを併用されてはいかがでしょうか。
オールインワンゲルは肌のハリには効果がないの?
オールインワンゲルは浸透性が少ないタイプも多いですよね。肌のハリが出ないのはたぶん成分がまだ肌になじんでいないからではないでしょうか。ターンオーバーの周期に合わせて最低でも1か月は使ってみないと本当の効果がわかりません。
使うメリットが知りたい!本当にこれだけで大丈夫?
オールインワンゲルといってもすべての商品が完璧に作られているワケではありません。もちろん不足する点もあり、一つで不安になるのは仕方がありません。でもオールインワンゲルには簡単なスキンケアができるだけでなく、肌の負担を減らしたり、化粧品代を節約するなどのメリットもあります。